普遍的なニーズを追求し、
価値あるコンテンツを提供し続ける

Simple, Organized, Creative

LEARN MORE

普遍的なニーズを追求し、価値あるコンテンツを提供し続ける

普遍的なニーズに応えるコンテンツづくり

 冒頭で掲げた言葉が、私達のミッションです。情報化社会になって久しく、社会の変化はめまぐるしいものになっています。 この変化の激しい時代には、この先何がどう変わっていくんだろう?という視点ではなく、 この先も変わらないもの・変わりにくいものは何だろう?という視点が本質をとらえます。 この予測をもとに指針を立て、行動することが価値を生みます。 つまり、人々の価値観において「変わりにくいもの」の追求が、本質的で価値のあるコンテンツづくりに繋がります。

 例えば、私達が調べ物をするときにどのような情報を求めるでしょうか? シンプルであること。分かりやすいこと。整理されていること。 これらの要素は、いつの時代もかわらない普遍的な要請であると言えます。 もっと具体的な例では、ページ表示速度が早いウェブサイトよりも遅いサイトを好む人はいませんし、 ウェブサイトがWordpressで作成されているか否かは、大半の訪問者にとって意味を成しません。

 時代の流れに応じて変化してしまう要素に目を向けるのではなく、 普遍的なニーズに応えるコンテンツづくりをすることで、 多くのユーザーにとって永く価値のあるものが提供できます。 これが目を向けて取り組むべきミッションであり、 私たちの企業がビジネスを通じて果たすべき役割と考えます。

三方よしの経営

三方良しの経営

 近江商人の経営哲学に「三方よし」というものがあります。これは、売り手の都合だけで商いをするのではなく、買い手が心から満足できるものを提供し、ひいては商売を通じて地域社会の発展に貢献するべきであるという思想です。

 これは現代のCSRにも通じる考え方です。 近江商人にとっての三方は「売り手、買い手、世間」でしたが、 私達の企業にとって重要な三方は「社員、ユーザー、取引先」です。 時間と場所の概念がないネット空間において、私達のメディアは膨大な数のユーザーと接点がありますので、 ユーザーはそのまま「世間」と置き換えても良いのかもしれません。 いずれにしても、私達にとって身近な三方のステークホルダーをまずハッピーにする経営を心がけることで、 それが社会貢献に繋がるものと考えます。

会社規模に固執しない経営

オフィスイメージ

 私達は営利法人として利益獲得を追求しながら、決してその最大化のみに固執しません。 たとえ収益が見込めるサービスであっても、経営指針に沿わないビジネスは致しません。

 誰のために働くのか、なぜその仕事をするのか。このような根本的な事がおざなりになって、ただ、拡大・成長をかかげている企業も多いものです。 闇雲に売上と規模拡大を追求する経営では、社員満足度の低下、ユーザビリティの欠如、取引先の疲弊を招きかねません。 これでは、先に挙げた三方良しの経営が達成されません。 私達は、三方を満足させるための経営指針にもとづき、様々な局面で意思決定します。

 例えば、良質なコンセプトをもとにローンチされたメディアが運営されていくなかで、 短期的な利益獲得のためにトラフィック偏重主義に陥ってしまうようなケースは跡を絶ちません。 こういったケースでは、ユーザー視点がおざなりにされることが多いようです。 また、広告過多のメディアもユーザーにとっては不快ですね。 メディアが存続するためには広告が必要ですが、 広告であふれたメディアをユーザーは求めていません。

ITを活用した合理的ビジネスモデル

ITを活用したビジネスの実践

 私たちは、一零細IT企業としてITを十分に活用した合理的なビジネスモデルを構築します。私達のメディア・コンテンツが時間・場所を問わず、多くのユーザーにご利用頂いているのもITのおかげです。

 例えば、電話営業を廃止し、ITを活用したインバウンドマーケティングに切り替えることによって、会社の内外により良い影響を期待できるのもIT活用メリットのひとつです。IT活用による時間・場所に縛られない仕事環境の構築、ペーパーレス化による業務効率化、省エネ・エコなど、この他にもITを活用することで得られるメリットは枚挙に暇ありません。 IT活用による経営の合理化は、私達だけでなく、私達の周囲にも良い影響が及ぶと考えます。

会社概要

当社の会社情報について

社名アイエックス株式会社(iX, Inc)
所在地〒160-0022
東京都新宿区新宿7丁目26-7 ビクセル新宿1F
創業2010年
代表取締役黒田 晋平
資本金3,000,000円
事業内容コンテンツ企画・制作事業
インターネット広告事業
イベント企画・制作事業
事業年度毎年1月1日~12月31日
主要取引先グーグル株式会社
ヤフー株式会社
アマゾンジャパン合同会社
株式会社ファンコミュニケーションズ
株式会社インタースペース
株式会社もしも
バリューコマース株式会社
株式会社アドウェイズ
株式会社カルチャー・オブ・エイジア
株式会社エラグ
ほか多数(順不同 敬称略)

アクセス

当社の周辺地図とアクセス方法について

〒160-0022 東京都新宿区新宿7丁目26-7 ビクセル新宿1F
東京メトロ副都心線 or 都営大江戸線「東新宿駅」A2地上出口を出て左手方向に徒歩1分ほど

お問い合わせ

当社サービスご利用者様、広告代理店様は下記のお問い合わせフォームをご利用下さい。

会社名

*お名前

*メールアドレス

*メールアドレス(確認用)

*お問い合わせ内容

所在地
  • アイエックス株式会社
    〒160-0022
    東京都新宿区新宿7丁目26-7 ビクセル新宿1F

  • ※ 土日祝日、年末年始のほか、弊社休業日にいただいたお問合せについては、翌営業日以降の回答となります。
    ※ 広告掲載のご相談に関しては、掲載ご希望メディアや商材内容など、概要の記載をお願い致します。
    ※ お問い合わせ内容によっては、回答にお時間をいただく場合や、回答いたしかねる場合がございますので、あらかじめご了承ください。